2011 東京マラソン 

| スポーツ |

2月27日、昨年に引き続き、2回目の東京マラソンを走ってきました。

昨年の大雨のスタートと違い、晴れてマラソン日和。というか、少し暑いくらい。

御成門地点では、会社の人達が応援にきてくれて、バナナ2本を補給。

応援グッズまで用意してくれて、本当にうれしかった。

そこまでは、余裕があったのですが。。。

2回目の余裕が出たのか、スタートから少しオーバーペースで走ってしまい、家族が待っている雷門地点ではすでに足が痛くなってしまいました。

この時点でこの状態では、完走が無理なのでは?

もっと練習していれば良かった。。。

そんなことが頭によぎりながら、おそらく険しい顔で走っていると、ボランティアや沿道の人たちが、

「笑顔でがんばれ!」 「辛いけどがんばって!」

とハイタッチをしてくれました。後半が本当に辛くて、涙が出るくらいうれしかった。

応援で気合いを入れなおし、なんとか無事にゴールすることができました。

東京マラソンのキャッチフレーズ「東京がひとつになる日」

自分だけでは、決して走り切ることができず、家族、友人、沿道の人や、ボランティアの人たちに支えられて、走っていることを実感することができました。

きっとだから東京マラソンは人気があるんだと思います。

来年こそは、姉妹で一緒に東京がひとつになる日に走ることができればいいなと思います。

祭り好き